2022年12月31日土曜日

夢を捨て 夢を生きる

夢は枯野をかけ巡り
目の前にこの生活がある

だけどこの生活も、またいつかの夢

2022年11月2日水曜日

高松へ

弾き語りをしに高松に向かう途中。

産まれて一ヶ月、泣いてばかり、悲しいことばっかりの息子が初めて湯船に浸かって、恍惚の表情と共に寝落ちするさまを見届けて家を出た。

僕はずっと歌を歌う。
良い音楽、そのためにできる限りのことをしよう。

2022年5月20日金曜日

明日の朝は白い光の中

みんな、一日一日を生きている。

漫然と過ごす日だってあるけど、それでもその人の頑張りや成長を見ないのはだめだと思う。

そうじゃないと、自分の成長も認めてもらえない。

いくつになっても人は変われるし、なりたい自分になれる。

昨日よりも好きな自分になれる。

変わらないものもある。
だけど、「どうせこの人はこうだから…」と決めつけてしまったら、きっとその人の前向きな気持ちをくじいてしまう。可能性を奪ってしまう。

いつだって明日の朝は、白い光の中。

2022年5月10日火曜日

ありがとう

たくさんの祝福、ありがたい。

人の親になるのだから、心にいつも希望を抱いていたいと思うけれど

やっぱりそんなのはただの願望で、
自分の親だってそうだったけど
あたりまえに、色々な気持ちを抱えている。

希望もあれば絶望もある。
奇跡を感じるような時間のあと、虚無もやってくる。

自分が人にどう映るかを考えるし、若者たちに与える影響だって、考えないわけはない。

だけど自分という人は、なるべくそのままであり続けたいとどうしても思っている。
ここにあるものを、そのまま。それが誠実さだと。

つまり結局、何も変われそうにないってことだ。

新しい人よ、よろしくね。

2022年1月17日月曜日

2021年11月22日月曜日

登山の思い出

小さい頃、家族で登山をして、山小屋で買った水や湧水を飲んだ。

すっかり忘れていたけど、あの幸せは最高のものだった。
思い出がそうさせるんじゃなくて、今でも同じように最高に美味しいと分かる。

長い道のりを歩いて、一杯の水を飲む幸せがある。

父が教えてくれたこと。